シャトー・ドゥ・ラ・クレ

歴史

シャトー・ドゥ・ラ・クレは15世紀から存在し、オスピス・ドゥ・ボーヌ(貧しい人たちに無料で医療を提供していた慈恵病院)の創設者のニコラ・ロランが所有していました。シャトー自体が芸術の1作品であり、居住することが可能です。
シャトー・ドゥ・ラ・クレのドメーヌはコート・ド・ボーヌ県のサントネに位置し、10ha以上の敷地にシャルドネ3haとピノ・ノワール7haで構成されています。区画は非常に理想的な位置にあります。“グラン・クリュの路”の最も美しい村々に広がっており、サントネ、ヴォルネイ、ポマール、ムルソー、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェの地にあります。
全ての畑でバイオダイナミック農法を採用し、テロワールを最も優れて表現し、土壌と植物の健康を保証します。 

オーナー イーブンスタッド夫妻

2015年にシャトー・ドゥ・ラ・クレを購入したのは、ドメーヌ・セリーヌの創業者兼オーナーのケンとグレース・イーブンスタッド夫妻で、二人はアメリカのオレゴン州に110haの畑を所有しています。

ピノ・ノワールとシャルドネに惹かれた二人は、、ブルゴーニュの素晴らしいアペラシオンでワインを醸造し、生産したいという長年の夢を実現させました。25年の高級ワイン生産の経験を活かし、新しい市場でシャトーのワインを広め、そしてサントネのアペラシオンの大使となる夢を持っています。

1990年の初ヴィンテージ以来、イーブンスタッドは世界クラスの受賞ワインを生産してきました。直近のドメーヌ・セリーン2010 イーブンスタッド リザーヴ ピノ・ノワールとイーブンスタッド リザーヴ シャルドネ2014はワイン・スペクテーターの世界トップ3ワインに入りました。1人の生産者が赤と白ワインの両方で、名高いワイン雑誌から、このような栄誉を受けたことは初めての快挙でした。

加えて、ドメーヌ・セリーンのワイナリー・ヒル ピノ・ノワールがデキャンター・ワールド・ワイン・アワーズの2016年世界トップ ピノ・ノワールとなりプラチナベストに選ばれました。

品質と革新を追求し続けることで、イーブンスタッド夫妻はワールドクラスのピノ・ノワールとシャルドネの著名な生産者として、世界的な評価を獲得しました。経験と知識を生かし、サントネのワインの質を高めています。

このセクションには商品が登録されていません