絞り込みフィルター(生産国/地域別)
生産国
地域
ワインスタイル
テイスト
葡萄品種

ハイツ・セラーズ

ハイツは"マーサズ ヴィニャード”、"ベラ・オークス・ヴィニャード”と”トレイルサイド・ヴィニャード”の3つの伝説的な畑が明示され、カベルネ・ソーヴィニヨンで有名である。そして近年、日本で初めて紹介された”リンダ・フォールズ・ヴィニャード”が加わる。畑が明示されたワインの生産量は非常に少なく、ボトルナンバーと生産量は各々のラベルにマークされている。

ジョー・ハイツ氏自身は、カリフォルニアの高品質ワインの創始者と言われている。また、ヒュー・ジョンソンの言葉を借りるなら、"多くの人々にとって、カリフォルニアで第一番に上げられる名前である。業界全体の基準を作った進んだ考えを持つひとりのワインメーカである。“

ハイツ・セラーが1961年に創立されたとき、ナパ・ヴァレーのワイナリーの数は20に満たなかった。数年のうちにハイツ・セラーは、もともとあった3.2ヘクタールの土地では手狭になり、タプリン・ロードに65ヘクタールの住まいと農場を購入した。ここはセント・ヘレナのほぼ東の丘に位置する狭い窪地である。ハイツのワインは、以前のオーナーであったアントン・ロッシとそのファミリーが1898年に建てた、石造りのセラーで熟成される。初期の記録によると、ロッシ家は一年に37,850リットルのワインをこのセラーで造っていた。

セラーが未だにワインの貯蔵に利用されている一方、ハイツ氏は年間最大生産量40,000ケースを達成する計画の一環として、1972年に第二の建物を増築した。新しい建物は、赤ワインが貯蔵されている。ステンレススティール発酵層に入れられ、次にアメリカやヨーローッパの森から産出されたオーク樽に入れられる。

伝統的にこの赤ワインは、収穫後5年目(第一級を含む世界中のクオリティーワインのスタンダードは3年)から、少量ずつ約5年かけてリリースされる。これにより、より古い、理想的な貯蔵がされていた、カリフォルニアのヴィンテージ(珍しい)ワインをワイナリーから直接手に入れられる。増築計画は1979年に完了し、近代的なボトリング室を含む貯蔵庫が加わった。

2018年にハイツ家はこの豊かな遺産を、農業など手広く展開し造詣も深く、ワイン造りの信念を共有するローレンス家に引継ぎ、新たな歴史が刻まれた。ゲイロン・ローレンス・ジュニア氏が代表を務め、ゆるぎない情熱を持ち、100%オーガニックのナパ産葡萄を使う。また、ローレンス家の農業の知識や経験により、ハイツ・ワインの高品質なワイン造りは続く。

葡萄はすべてCCOF認証(有機認定)を取得しているオーガニック、今後はビオダイナミック栽培へ移行していく予定。