絞り込みフィルター(生産国/地域別)
生産国
地域
ワインスタイル
テイスト
グレード
葡萄品種

ホフマン・ジャイエ

<ホフマン・ジャイエ>

ドメーヌ・ホフマン・ジャイエ(旧 ジャイエ・ジル)は、ブルゴーニュのオート・コートにあるボーヌとニュイ・サン・ジョルジュの間、マニー・レ・ヴィレール村に位置する。 オート・コート・ド・ボーヌとオート・コート・ド・ニュイ両方の畑を含む、傑出したワインを造るドメーヌ。

先代ロベール・ジャイエと息子はコート・ドールをもっとも発展させた人物として有名。ロベールはヴォーヌ・ロマネの出身、そしてアンリ・ジャイエとは親戚でもある。1980年代は息子のジャイエ・ジルが引き継ぎ、発展させる。非常に豊かで濃縮された、濃厚なニュイ・サン・ジョルジュとエシェゾーを造る。

2017年病に倒れたジェイエ・ジルは、ドメーヌをスイスの富豪、アンドレ・ホフマンに譲る。

今日所有する畑は11ヘクタール以上となり、傑出した赤と白ワインを造る。コート・ド・ニュイの畑よりエシェゾー・ドュ・ドゥシュー グラン・クリュ、ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ レ・ダモド、ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ゾー・ポワレ、コート・ド・ニュイ ヴィラージュが造られている。白ワインはブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ やブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイを生み出す。